妊娠する前から摂取したい葉酸について

妊娠中や授乳期のお母さんが栄養バランスがとれた食事をとる事はとても大切です。特に胎児の身体が作られる妊娠初期に大切な栄養素として注目されているのが葉酸です。妊娠初期に不足すると神経管閉鎖障害という先天性の奇形を発症するリスクが高くなるといわれています。神経管閉鎖障害とは、胎児の神経に障害がおこり、生まれた赤ちゃんが小脳になったり足に麻痺が残ったりする病気です。これを防ぐ為には妊娠を考えた時から葉酸不足にならないように摂取していくことが大切です。そして、葉酸には血液を造る働きがあるので、赤ちゃんやお母さんの貧血防止の為にも必要な栄養素なのです。また、細胞を増殖させて胎児の成長を促す働きもしています。では、葉酸とはどのような栄養素なのでしょうか。水溶性ビタミンB群の1つで、ほうれん草などの野菜や果物、レバーや大豆に多く含まれている栄養です。熱に弱く調理すると含まれている栄養成分の半分が失われてしまいます。スープやなべ物で煮汁ごと飲むのも1つの方法です。また、水に栄養素が溶け出しやすいので洗い過ぎないように気を付けましょう。1日に摂取したい量は妊婦で約400μgと言われています。妊娠前の女性で約200μgですから妊娠中の女性に必要な栄養であることがわかります。妊娠中は体調を崩して食事をとることが難しい時もあります。このような時はサプリメントで補うと便利です。近年ではサプリメントが各社から多数販売されていますが、天然成分から抽出されたものを選ぶようにしましょう。食事から栄養を摂るようにして、サプリメントで不足分を補うようにすることも大切です。葉酸は、毎日消費されてしまいますので不足しないように気を付けたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です